単車倶楽部の明日はどっちだ!?

バイクと暮らす大人のライフスタイルマガジン【単車倶楽部】の公式ブログ。取材時の裏話や誌面では紹介できなかったネタなど、単車倶楽部ファン必見の内容となっています。新車やニューアイテムなど、旬なネタも紹介!

「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編

「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編

空海が愛した四国の自然を林道で体感
南淡路の林道では紀伊水道の大パノラマ


 今回は愛媛県久万高原の久万エリアを走り、高速道で移動し淡路島の最高峰を目指します。
 スタートは、古岩屋温泉の脇から始まる「林道古岩屋線~西峰線」。林道は走りやすく県道12号を挟む向かいには、古岩屋の巨大奇岩も楽しめます。このエリアで1番好きだった林道が「管生峠御堂線」。最高標高は655mですが、久万高原の展
望が素晴らしく爽快でした。4本の林道を記録し、久万スキーランドの入口に出ると、四国最後となる愛媛県の林道も終了。移動途中には、空
海ゆかりの44番札所大寶寺と45番札所岩屋寺があり、1200年の歴史に思いを馳せる旅にもなりました。
 四国を後に大鳴門橋を渡る。グルグルと白波立つうず潮に自然の力は偉大だ~と感動。そして、いよいよ淡路島へ。この島も楽しみにしていました。理由は2つ。国生み神話の、ロマンに満ちた島であること。もうひとつは、四国と繋がる関西圏のこの島をぜひ一筆書きしたかったのです。こうして、向かったのは南あわじ市の諭鶴羽山。明るい林道を上がっていくと目の前に広がったのは紀伊水道と沼島の素晴らしい景色でした! 淡路島はわずか1本の林道でしたが大満足です。予定のエリアを走り終え、世界最長の明石海峡大橋を渡り帰路へ。林道宝庫の四国と南淡路の森のパワーを受け取りに、皆に走りに来て欲しい! と思うのでした。

「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編
「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編
「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編

左右の写真は南淡路島の諭鶴羽山を走る林道。山中には平安頃の諭鶴羽古道(歩道)もあり、どちらの道も大鳴門橋や紀州……など大展望の山頂へ行けます。中央の写真は久万エリア「林道古岩屋線~西峰線」の近くで聳える、約2000万年前の「古岩屋の奇岩」で、圧倒でした!
「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編
「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編
「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編

45番札所岩屋寺に近い林道でお遍路さんに! 林道で人とすれ違うときは、お互いに林道を楽しむ者として挨拶を交わしますが、お遍路さんは四国あるあるですね! 久万高原の自然に包まれて心身ともに癒されますね~!

「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編

林道調査では、林道の分岐ごとにバイクから離れて撮影や記録などをします。なので、分岐が多いと時間も比例。こうして折角の予定ルートを短縮する作戦会議! もしばしば。

「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編

今回走った久万エリアの林道は、ビバーク地に無料でキレイな「千本高原キャンプ場」がおすすめ。「民宿狩場苑」も、素泊まり4000円~で、広めのお風呂や洗濯機もあり便利でした。

「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編
「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編

400あまり点在する淡路島の社寺の中で、とりわけ信仰を集めている七福神めぐり、そのひとつ覚住寺。
林道一筆書きの想いをこめて、寺のお願いわらじをセローに付けました!

「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編

ナビゲーターは、この人

松下時子さん

林道ツーリングを通してバイクの楽しさをより多くの方に知っていただけるように日々活動。10代で日本の林道を探訪しながら日本一周走破。2006年に2度目の日本林道ツーリングを果たす。モンゴルや海外オフロードツーリングの経験も豊富。著書に『林道ツーリングガイドブック』(実業之日本社)など

HP:http://offtime.net/
facebook:https://www.facebook.com/tokiko.matsushita.1

「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編

7月6(土)~7(日)に開催される、オグショー主催イベント「トランポパーク2019」。私もバイクトランポで会場に向かい7日に「林道ツーリング」体験を行います。体験なので
未経験者大歓迎です! 日帰り参加も大歓迎! ぜひ一緒に遊びましょう♪

https://ogushow.co.jp/tranpopark/play.html

「日本林道一筆書き」愛媛県・淡路島 編

Caution!

林道は林野作業や地域の方の生活道路なので無理は禁物。
四輪駆動車やハイカー、マウンテンバイクなども林道を使用するので常に気をつけて楽しみましょう


同じカテゴリー(林道一筆書き)の記事

 
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


ログインカテゴリ一覧