単車倶楽部の明日はどっちだ!?

バイクと暮らす大人のライフスタイルマガジン【単車倶楽部】の公式ブログ。取材時の裏話や誌面では紹介できなかったネタなど、単車倶楽部ファン必見の内容となっています。新車やニューアイテムなど、旬なネタも紹介!

「日本林道一筆書き」群馬県編

「日本林道一筆書き」群馬県編
栗原川林道沿いの心地よい川でランチしました!

赤城山の穏やかな裾野をゆったりと走り
足尾山地を貫く関東最長33㎞のダートへ


緑が眩しい5月中旬。日本百景と百名山の赤城山、東麓へ向かいました。まずは「田沢(梨木楡沢)林道」へ。入口から木立に囲まれた明るい道で気持ちいい。ときおり赤色のヤマツツジが目を引きます。この林道からわずかに移動したもう1本の林道も同じような雰囲気で〝緑”と〝涼”の心地よい空間の中にいました。バイクから降り、澄んだ水を覗いていると男性に会いました。ときどき車でここに来ていると話す笑顔に、この林道が本当に素敵なんだなって感じました。
 2本の林道を走り終えると、足尾山地の主峰で百名山のひとつ皇海山、その最短アプローチルートである「栗原川林道」へ! この林道は、著書の『林道ツーリングガイドブック』(実業之日本社)でも関東屈指のロングダートとしてご案内しました。最高標高1472m、山岳地帯ならではの景色は素晴らしく、木々が途切れると、群馬と栃木を隔てる皇海山をはじめとする2000m級の山々を眺望。高低差と路面変化のあるダートを楽しめます。一部道幅いっぱいの凍った残雪もありました。路面はほぼ走りやすいのですが、雨水で深くえぐられた箇所や、バイクは避ければ通れる崖崩れ箇所も。なので対処できるスピードで走ろうね。なお、栗原川林道の交通情報は群馬県のHPで確認できます。

「日本林道一筆書き」群馬県編
「日本林道一筆書き」群馬県編
「日本林道一筆書き」群馬県編

関東最長のダートコース「栗原川林道」。山の奥へと踏み込んで行くと、林道らしいワイルドな岩の掘割道や、ダイナミックな景観、ランドマークの素掘りトンネルもあります。季節によりトンネルの向こう側の、陽光に照らされた緑や艶やかな紅葉の四季彩も楽しめます!

「日本林道一筆書き」群馬県編
「日本林道一筆書き」群馬県編
「日本林道一筆書き」群馬県編
「日本林道一筆書き」群馬県編

赤城山の東側裾野では、道幅も広く走りやすい「田沢(梨木楡沢)林道」など2本の林道を走りました。杉やヒノキや唐松の緑豊かな森で、それぞれの道の途中には小滝や清流のせせらぎも。マイナスイオンたっぷりな、癒しの自然にふれるツーリングとなりました!

「日本林道一筆書き」群馬県編
「日本林道一筆書き」群馬県編

ゲートには獣避けの開閉式ゲートもあるからUターンする前に確認を!また、今回の林道も開放してもらっている林業の道、その温情に有り難くマナーを守り安全運転で走ろうね

「日本林道一筆書き」群馬県編

渡良瀬渓谷線「水沼駅」に併設された温泉施設『水沼温泉センター』。林道の帰りにいかが♪
桐生市黒保根町水沼120-1
10時半~19時/大人600円/不定休。
☎0277-96-2500

「日本林道一筆書き」群馬県編

「栗原川林道」の北側出入口近く、国道120号沿いにある吹割の滝。珍しい滝で、高さ7m、幅30m余りの巨大岩の両側面から大迫力の瀑布が。見ごたえある国の天然記念物です。

「日本林道一筆書き」群馬県編

Caution!
林道は林野作業や地域の方の生活道路なので無理は禁物。四輪駆動車やハイカー、マウンテンバイクなども林道を使用するので常に気をつけて楽しみましょう
お知らせ!

「日本林道一筆書き」群馬県編
7/27(土)開催のオフタイムイベント。開催日が近々ですが、ご一緒に「日本林道一筆書き」しませんか? 記録と撮影に時間がかかりますがご理解お願いします。
・御蔵入の里・うさぎの森キャンプ場に9時集合
・南会津町糸沢字西沢山3692-20

ナビゲーターはこの人

「日本林道一筆書き」群馬県編

松村時子さん

林道ツーリングを通してバイクの楽しさをより多くの方に知っていただけるように日々活動。10代で日本の林道を探訪しながら日本一周走破。2006年に2度目の日本林道ツーリングを果たす。モンゴルや海外オフロードツーリングも楽しんでいる。著書に『林道ツーリングガイドブック』(実業之日本社)など



※こちらの記事が掲載されているのは、月刊『単車倶楽部』2019年9月号です。



同じカテゴリー(林道一筆書き)の記事

 
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


ログインカテゴリ一覧